読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中芳樹著『アルスラーン戦記 戦旗不倒』

不要な本を整理する為にAmazonで売ってみようかと覗いてみると酷評が並んでいた。読んだとき面白くないと感じたが、それは自分が歳を取ったせいだと思った。恐らくそれも多分にある。

しかし、確かに改めて言われてみると作者の筆力が衰えてしまったのかとも思わなくもない。銀河英雄伝説の頃にあった格調高い漢文調の文はいつの間にか凡庸な散文的なものになってしまったのかもしれない。そう言えば田中芳樹は「この散文的」という表現が好きで、作品の中で誰かの死を形容するのによく用いられていた気がする。

作家も読者も少年老い易く学成り難しというか老いると創造性も感受性もくすんでゆくのだろうか。